unicode

2008

1/1

ホワイトキューブの中央に、コップの置かれたテーブルと椅子を配したインスタレーション。テーブルにはかつてそこにあった事物や人物を映し出す映像がプロジェクションされ、映像が撮影される際に録音された音と電子音とが組み合わされた。
映像と音とによって再現されたテーブル上のかつての「出来事」は、およそ2時間にわたり生成と消滅を繰り返す。

An installation consisting of chairs and table set with a glass in the middle of a “white cube” room. Images of things and people who were there previously projected on the tabletop are accompanied by their recorded sounds and electronic tones, past “events” that replay and disappear in repeating two-hour cycles.